診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 骨粗しょう症外来

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症は、予防できます

骨粗しょう症は、それが命に関わる重大な病気ではありません。
しかし自覚症状のないまま進行する怖い一面があります。

主な発生原因は、加齢・閉経(女性の場合)です。

骨折したことで、立つことや歩くことができなくなり、要介護や寝たきりになる可能性が高まります。

骨折の経験のある方はもちろん、健康に自信がある方も一度「骨粗しょう症」検診を受けてはいかがでしょうか?

検査方法

  • 骨密度検査(DXA法)
    骨密度検査(DXA法)
    腰(腰椎)や脚の付け根(大腿骨)の骨密度を正確に測ります。
  • 血液検査
    血液検査
    骨代謝マーカーという検査で、骨の新陳代謝の速度がわかります。
  • レントゲン撮影
    レントゲン撮影
    主に背骨の写真を撮影し、骨折や変形がないか確認します。

骨密度検査と血液検査で、骨粗しょう症がわかります

骨粗しょう症の骨

骨密度を測る方法はいろいろありますが、骨粗しょう症だと診断するための基準となるのは、DEXA法と呼ばれる診断方法です。

骨密度を測る場所も、腰椎(腰のあたりの骨)や、大腿骨(足の付け根の骨)が推奨されています。

また意外と知られていませんが、血液検査や尿検査でも、骨粗しょう症を調べることができます。(骨代謝マーカー)

骨密度測定だけでも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

骨粗しょう症によく効くお薬があります

骨粗しょう症の治療薬というと、昔はカルシウム剤やビタミンD剤が中心で、あまり大きな効果は期待できませんでした。

しかし、最近では極力に骨密度を増やすことが期待できる薬や、患者さんがお薬を飲み続けやすいように投薬期間やお薬の形に配慮したものがあります。

お薬にもタイプがあります

  • 骨が溶けやすい人には、骨を溶けにくくするお薬
  • 骨が作られにくい人には、骨の形成をうながすお薬

自分の骨粗しょう症タイプを正しく診断し、一人ひとり異なるお薬の効き具合などを把握しながら、骨粗しょう症に負けない骨作りをしていきましょう。

採用情報

  • 受付事務
  • リハビリ助手
  • 放射線科技師
  • 理学療法士(PT)