診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

整形外科で出すお薬(特に鎮痛薬や消炎薬)は、身体の痛みやケガなどに対して、痛みを和らげることはできますが、残念ながら根本的な解決方法とはいません。

痛みや違和感があって辛いかもしれませんが、少しずつでも動かすことが、回復のための近道です。
身体の動かし方のプロ(理学療法士)とともに、可能な限りの身体機能・動作能力の改善を目指します。

リハビリ室
リハビリ室

予防のためのリハビリテーション

リハビリテーションは、大きな病気やケガをしたときだけのものではありません。
病気が見つかったときにすぐに対応することで、次のような役割もあります。

  • これ以上悪くなったり、再発したりするのを防ぐこと
  • 病気やケガをしたことで、それをかばって別の場所が悪くなるのを防ぐこと

私たちは、地域のクリニックとして、できるだけ自分の力で健康に日常生活が送れるような「予防のためのリハビリテーション」を大切にしていきたいと思っています。

ロコモ外来へ

治療のためのリハビリテーション

痛みや不快感がある場合、どの位置でそれを感じるのか、理学療法士と一緒に探っていきます。
痛みや不快感のある場所が認識できたら、「姿勢や動作のクセ」や「痛みが起きにくい動かし方」を身体になじませていきます。

整形外科では、お薬だけではなく、リハビリテーションで症状を改善するのが一番良い方法です。

治療のためのリハビリテーション

痛みの原因は普段の姿勢や動作の「クセ」が原因になります。
それを改善するために、リハビリテーションは「じっくり」「ゆっくり」「根気よく」続けることが、コツです。

かちがわ整形外科では、一人ひとりにあったリハビリテーションスケジュールを立てながら、トレーニングをしていきます。

かちがわ整形外科のリハビリテーション機器

  • コンビネーション刺激装置
    超音波と低周波、2つの刺激が働きかけることで、筋肉痛や関節痛を和らげます。
  • 近赤外線治療器
    患部に深く鋭く到達することで、痛みを和らげます。東洋医学のハリやお灸に近い作用を持っています。
  • ウォーターベッド型マッサージ機
    慢性疾患の治療や疲労回復に。水の流体特性を応用して、浮遊感に抱かれながら、手技治療のような力強い・心地よい刺激が得られます。
  • 低周波治療器1
    筋肉や神経を刺激する装置です。 いくつかのモードがあり、深いところまでしっかりとマッサージをする、叩くようにほぐす、広範囲をマッサージしてほぐす、広い範囲を揉み上げるといったことができます。
  • 低周波治療器2
    こちらも筋肉や神経を刺激する装置です。肩こりや頚椎症、腰痛などの治療に使用します。電流を使って、ピンポイントでツボを刺激し、痛みの原因物質の代謝を促します。
  • ブーツ式エアマッサージ器
    血液の渋滞が起こりやすい脚部を、空気を使ってマッサージすることで、血液の循環を促進します。
  • ホットパック(加熱装置)
    温熱療法を行うための機械です。あたためることで痛みを和らげ、血行を促進します。柔軟性向上のために、マッサージの前に使うこともあります。

採用情報

  • 受付事務
  • リハビリ助手
  • 放射線科技師
  • 理学療法士(PT)